【レビュー】Windows用英語配列USB式スリムキーボードを購入したらデクス周りがスッキリした。

僕は現在タイで働いているのですが、会社から与えられたパソコンは英語版ウィンドウズでした(日本語版ではなくて少し残念・・)。

さて、英語版ウィンドウズですから当然キーボードも英語配列ですよね。

せっかくならデスク周りがスッキリする”薄型コンパクト”なキーボードを使いたいと思い、日本のAmazonでUSB式の英語配列スリムキーボードを購入しました。

この商品をおすすめする理由
  • 超スリムボディーだからデスク上で書類仕事などもラクラク可。
  • キーの打撃感が良く仕事に集中できる。
  • 使わないときは縦置き出来るからスッキリ収納。

そこで今回は、サンワサプライ製スリムキーボード「SKB-E3U」の購入レビューを書きました。

デスク周りがスッキリするような、超”薄型コンパクト”なWindows用英語配列キーボード(USB式)を探している方に、大変おすすめしたい製品です。

しかも1,000円台と超激安!

created by Rinker
サンワサプライ
¥1,600 (2018/12/13 12:33:22時点 Amazon調べ-詳細)

サンワサプライ・英語配列USB式キーボード「SKB-E3U」開封

僕は現在、タイの日系企業で現地採用として働いています。入社したときに準備されていたパソコンが「英語版」ウィンドウズ(自力で日本表示化済み)でしたが、なぜかキーボードのみ日本語配列のものでした。

英語版ウィンドウズをたとえ日本語表示にさせても、やはり日本語配列のキーボードだと配列に対してパソコン上での操作が異なっているため、とても使いにくかったんですよね。

なので、日本のAmazonで自分の気に入る「英語配列」のキーボードを購入しました(日本本社のタイ出張者に持ってきてもらいました)。それが今回ご紹介したいサンワサプライ製のスリムキーボードです。

※ちなみにブログ執筆など、僕自身の個人パソコンはMac Book Airを長年愛用しています。

 

テンキー他なしだから超コンパクトスリム

下の大きなキーボード(日本語配列)が会社から支給されたもので、その上が今回僕が購入したスリムキーボード(英語表記)です。ご覧の通り無駄に大きな縁枠が無く、またテンキーが無いため大変スリムですよね。

表面積にしたら、その差おそらく2倍くらい違います。

僕は会社で営業職をしているのですが、パソコンだけではなく意外と書類処理とかもかなり多いので、このドデカイキーボードの邪魔さ加減にいつも悩まされていました。

ですが新しいスリムキーボードを手に入れてからは、デスク周りもスッキリしてストレスも無くなりましたね。

ちなみに僕が「コード有」を使う理由
  • どうせ社外に持ち出すこともないので、バッテリーを気にせず使えるコード付きのキーボードを選びました。
  • また、毎回バッテリーを充電する(または電池を買う)のも面倒だからです。

 

タイピングの打撃感も良好

今回Amazonで購入した、このスリムキーボードですが1,000円台と大変お手頃でした。かなり安い買い物だったのですが、打撃感も良好で全くストレスがありません。

僕はタイで働いていますがバリバリの日系企業で、日々相当な数のメールを書いたり書類を作ったりとタイピングをする機会が尋常ではありませんが、このキーボードにはかなり満足しています。

薄型なのにキーを奥まで打ち込めますから、タイピングの打撃音も程よく聞こえてかなり気持ちが良いですね(本当に良い買い物をしました)。

 

日本語配列と英語配列の違いに注意

僕のとっては大満足なスリムキーボードですが、英語表記と日本語配列は当然ですが配列に違いがありますので、十分注意して購入して下さい。

いくつか違いがありますが、大きい違いは「Enterキー」のサイズと「@キー」の位置ですかね。英語表記に全く馴染みがない方、プログラミングなどの仕事をする必要の無い方は、通常通り日本語配列のキーボードをおすすめします。

なお、僕みたいに英語版ウィンドウズを使われているのであれば、英語配列キーボードはかなり使い勝手が良いです(と言うか英語配列がマストです)。

“日本語配列スリムキーボード”をお探しの方は下記をどうぞ。

created by Rinker
サンワサプライ
¥1,200 (2018/12/13 12:33:22時点 Amazon調べ-詳細)

 

キーボードを立てれば不要なときはデスクを広く使える

最後に、このスリムキーボードが他のキーボードと大きく違う点をご紹介します。それが、写真のように使わないときはキーボードを縦置き出来るからデスク周りがスリムになる点です。

これが社内でかなり重宝していて、パソコン仕事から書類仕事まで多岐にわたる仕事をこなす僕のような営業職(ようは雑用係)にとって、デスクが広く使えることは正義です。

まさに「今までの大きなキーボード – 縦置き対応 = 雑用係(営業職)の味方 」という公式が成り立つキーボードですね。

 

コード配列を左右どちらでも自由に固定可

このキーボードが縦向きにおける理由が、このキーボード裏の溝にあります。ご覧のように、キーボード裏の左右両方に溝があるため、コードを左右自由に収納できるんですよね。

パソコン上の左側のUSBに差し込むときも、もちろん右側に差し込むときも、ケーブルの煩わしさを忘れるほどのグッドアイデアです。ちなみに、上でも書きましたが毎回充電するのが面倒ですので、会社のパソコン用にはこのケーブル付きのスリムキーボードを購入しました。

仕事場を自分色に染めていくって、キーボードというと些細なように感じますが、毎日触れるものだからこそ相当なインパクトですよ。

ぜひ、お試しあれ

 

created by Rinker
サンワサプライ
¥1,600 (2018/12/13 12:33:22時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です