【レビュー】Samsung T5(1TB)。超軽量な外付けSSD で娘や家族との思い出を持ち歩く。

娘が生まれてコンデジを買ってから、毎日ひたすら家族の思い出を写真や動画で残しています。しかし、高画質で残せば残すほど、パソコンのデータ容量をかなり使うんですよね。

iCloudやGoogleフォトなどクラウド上でのデータ保存は、大変便利ですが容量制限があるため、たくさんのデータをバックアップするとなると、毎月課金しなければいけません。

そこで今回僕が購入したのは、超軽量な外付けSSDとして今大人気の“Samsung(サムスン) T5″です。しかも、大容量の1TBモデルを購入しました。

 

この商品をおすすめする理由
  • 超軽量な外付けSSD。
  • 最大転送速度540MB/秒と超高速かつ衝撃に強い。
  • 大容量1TB(250MBから最大2TB)。

 

データを保存しておく外付けアイテムと言えば、以前まではハードディスクドライブ(HDD)が有名でしたが、令和の今はソリッドステートドライブ(SSD)が主流ですよね。

最大転送速度も540MB/秒と超高速で衝撃にも強く、その証拠に地上2メートルからの落下試験をクリアしています。

また、超コンパクトかつ薄型設計ですので、バッグに入れておくことはもちろんですが、ポケットにサッと忍ばせておくことも出来る優れもの。

 

Samsung(サムスン)外付けSSD “T5” 1TB開封レビュー

コンデジで撮影した娘や家族の写真と動画データが溜まってきたので、外付けSSDとして今最も人気が高い「Samsung T5(1TB)」を購入しました。

外付けドライブと言えば少し前までHDD(ハードディスクドライブ)が主流でしたが、僕が今回購入したのはSSD(ソリッドステートドライブ)です。

SSDを使うメリットは、衝撃に強く、発熱、消費電力が少ない点、また転送速度が非常に早く、HDDよりもサイズが小さく、軽い点などですよね。

 

Samsung T5付属品
  • USB Type-C to USB Type-Cケーブル
  • USB Type-C to USB Type-Aケーブル
  • 取扱説明書

Samsung T5を早速開封してみましょう。本体とは別に、①USB Type-C to USB Type-Cケーブル、②USB Type-C to USB Type-Aケーブルの2つのケーブルが付属。

USB Type-C to USB Type-Cケーブルは、AndroidスマホやMacBookなどで主流になりつつあるケーブルタイプですね。

当然、一般的なUSB Type-C to USB Type-Aケーブルも付属していますので、通常のパソコンへの接続も問題なく可能です。

 

Mac(マック)とWindow(ウィンドウズ)の両方に対応!

Samsung T5最大のメリットは、WindowsのみならずMacにも対応している点です。僕が今回このSSDタイプを購入したのは、これが大きな決め手でした。

以前、電化製品ショップでHDDタイプを購入したのですが、残念ながらMac非対応(僕の知る限り、多くのHDDがMac非対応のように感じます)。

しかし、Samsung T5はMacに対応していますから、僕が愛用しているMacBook Airをはじめ、Macbook Proや12インチMacbookなど、Apple愛用者におすすめ。

デザインもオシャレですから、Apple製品とのバランスも大変良いです。

 

 

Samsung(サムスン)T5は超軽量&衝撃耐性

Samsung T5」のメリットは衝撃に強く、超軽量コンパクトであることは上の項で少し触れました。しかも、このサイズ感で1TBの大容量という点に驚きますよね。

1TB(テラバイト)とは1,000GBのことを指します。単位が分かりにくいと思いますが、あなたのiPhoneは64GBですか?128GBですか?

つまり、それの約10〜20倍の容量があると想像すれば分かりやすいかもしれません。

 

上の写真はSamsung T5本体とiPhone 7を比較しています。iPhone 7の半分サイズなのに、容量1TB(iPhoneの約10〜20倍)なことを考えると、かなりコンパクトです。

厚みはSamsung T5の方が若干厚いですが、全体のサイズがiPhoneの半分ですから、ご覧の通りあまり厚さを感じさせませんよね。

超コンパクトかつ薄型設計ですので、バッグに入れておくことはもちろんですが、ポケットにサッと忍ばせておいても邪魔にならないサイズ感です。

 

持ち運びメインなら安価な250GBモデル

僕がSamsung T5の大容量”1TBモデル”を買った理由は、持ち運ぶことも想定していましたが、メインは娘や家族の大切な写真や動画を、家で保管するためです。

しかし、あながたの用途が持ち運びメインであるなら、「Samsung T5(250GB)」が1万円以下と非常に安く、かなりおすすめです。

Samsung T5には、その他にも500GBと2TBの全4モデルあり。カラーは250GBと500MBがブルー仕様、1TBと2TBがブラック仕様です。

250GBあれば数日間のデータバックアップにも事足りますよね。近々4泊5日で海外旅行に行く予定ですので、この250GB(または500GB)も購入予定。

 

 

Samsung(サムスン)T5”専用シリコンケース”も同時購入

Samsung T5(1TB)とあわせて購入したのが「専用シリコンケース」です。外付けSSDは元々衝撃に強い設計がされていますが、シリコンケースは更に衝撃耐性を上げてくれます。

スマホなどもそうですが、一般的に端末をケースに入れるとどうしてもゴツくなりがちですよね。しかし、このシリコンケースは、専用だけあってかなりのコンパクト設計。

カラーも白と黒の2タイプあり(最初から2個入りセット販売)。

 

ご覧のようにシリコンケースですから、ぶつけたり落としたりしても衝撃を吸収してくれます。

また、スマホのシリコンケースと同じように、Samsung T5全体をシリコンが覆うため、どこをぶつけても(どこに衝撃が加わっても)、安心。

Samsung T5用ケースをAmazonでじっくり見てみましたが、この製品以上にコンパクトかつ衝撃耐性の強いケースは見つかりませんでした。

 

超ピッタリなサイズ感がたまらない!

Samsung T5専用シリコンケースだけあって、写真のように超ピッタリ収納できます。このピッタリ感がか大変気持ちよくて、かなりおすすめ。

僕は基本的に持ち物をコンパクトにしたい派ですので、このムダが一切ないスタイリッシュな設計に一目惚れしました。

カラーは白と黒の2種類。僕はSamsung T5が黒ですので、同じように黒で統一しています。250GBと500GB本体は青なので、シリコンケースは白が良いかも。

付けると本当にピッタリで、久しぶりに気持ちの良いケースに出会いました。

 

 

Samsung(サムスン) T5の最大転送速度と使用感

今まで主流だったHDD(ハードディスクドライブ)は安価な点は良いのですが、転送速度が遅い点が最大のデメリットでした。

しかし、「Samsung T5(1TB)」が使用している機構はSSDソリッドステートドライブ)であり、実際に使用してみましたが、転送速度の圧倒的な速さにビックリ。

3GBとのフルHD動画なら7秒でパソコンに転送してくれますし、4.3MBの写真データ100枚なら3秒以内と超高速(一瞬)です。

 

写真や動画を頻繁に撮影する人は絶対に持っておくべき!

僕は長期で旅行する際はコンデジとパソコンを持ち歩くのですが、そのときにデータの保存場所に困ることがよくありました。

iCloudやGoogleフォトなどクラウド上でのデータ保存は、便利ですが月額課金制のため1年間で考えると1万円以上もかかり、あまりメリットを感じません。

そんなときに出会ったのがSamsung T5でした。外付けSSDは転送速度も超快適で、娘や家族の写真と動画データをスムーズに残せますね。

また衝撃耐性に非常に強いため、安心して僕らの思い出を預けられる素晴らしいパートナーです。

 

Samsung 外付けSSD T5(1TB)

T5 (250GB/500GB/1TB/2TB) 専用シリコンケース

【レビュー】Cafele 3in1 Lightning+Micro USB+Type-C 巻取り式充電ケーブル。

2019年9月22日

【レビュー】Manfrotto(マンフロット)ミニ三脚とスマホ用三脚アダプター。動画撮影や自撮り棒としておすすめ。

2019年5月20日

SONY RX100M6が1ミリでも欲しいと思ったら必ず読むべき総まとめ。

2019年5月26日


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です