RX100M7とRX100M6スペック比較。今買うならどちらがおすすめ?

RX100M7とRX100M6の違いって、あまり大差ないように感じますよね。

そこで今回は、RX100M6を1年間使ってきた僕が、新たに発売されたRX100M7との比較をしてみました。どちらを買おうか悩んでいる方は、ぜひ参考にして下さい。

進化した点・価格・スペック比較・メリット・デメリットなど360度あらゆる角度から比較してみて、今買うべき一台をご紹介します。

CHECKRX100M7(Ⅶ)発売!スペック比較や先行レビュー動画をまとめました。

 

 

DSC-RX100M7とDSC-RX100M6とのスペック比較表

DSC-RX100M7 DSC-RX100M6
発売時期 2019年8月30日 2018年6月22日
参考価格(2019年7月27日現在) 150,000円前後 130,000円前後
有効画素数 2,010万画素
レンズ焦点距離 24-200mm
常用ISO感度 ISO125~12800
シャッター速度 1/32000~30秒
連続撮影速度 最高約20コマ/秒 最高約24コマ/秒
最大撮影枚数 260枚 240枚
本体質量(バッテリー含む) 302g 301g

2019年8月末に発売が開始された「RX100M7」ですが、前モデル(RX100M6)に比べ進化しました。特に、連続撮影速度が20コマ/秒と世界最速に。

特に動画撮影向けの進化は目をみはるものがあり、4K手ブレ補正機能・リアルタイムトラッキング・リアルタイム瞳AF機能が大幅に向上しました。

また、地味なところで言えば最大撮影枚数が240枚から260枚に増えた点も、注目に値しますね。

 

新旧モデルの違いまとめ

RX100M7とRX100M7の違いですが、正直、上で書いた点以外に大きく向上した点はありません。つまりそれは、世界最高峰のコンデジであるという証(あかし)です。

僕はちょうど1年ほど前にRX100M6を買ったので、今回の購入は予算の都合で残念ながら見送りましたが、RX100Mシリーズを持っていなければ、真っ先に買っていました。

下の記事では、このカメラのレビュー動画などをまとめていますので、購入を検討されている方はぜひご覧下さい。

 

 

DSC-RX100M6を一年間使ってみた感想

RX100M7の更なる詳しいスペックの話をする前に、僕が愛用している前モデル「RX100M6」についてご紹介させて下さい。

シリーズ初”200mm(光学8.3倍)”望遠ズームに対応。この機能が搭載されたことにより、RX100M6は一眼レフとスマホの良いとこ取りをしたカメラになりました。

つまり一眼レフよりも小回りが効き持ち運びに便利、かつスマホのようにコンパクトですからポケットに忍ばせておいても苦になりません。

 

写真撮影メインで安く抑えるなら買いのカメラ

動画をメインで撮影するなら、4K手ブレ補正機能・リアルタイムトラッキング・リアルタイム瞳AF機能が搭載された新モデル”RX100M7”をおすすめします。

しかし、写真がメインで時々動画撮影という方であれば、少し安くなったRX100M6の方がリーズナブルで、財布が痛みませんよね。

それでいてRX100M7と大差のない性能ですから、文句なしコンパクトデジタルカメラです。

 

 

RX100M7(RX100M6)におすすめなアクセサリー

RX100M7(MRX100M6)と一緒に購入したいアクセサリーについては、過去記事の「SONY RX100M6と一緒に購入したおすすめアクセサリーを紹介します。」で書きました。

ここでは、特におすすめしたいアイテムを2つだけご紹介させて下さい。

そのアイテムとは、アタッチメントグリップ&バッテリー・アダプーセットのアクセサリーキットと、大量2冊得した画像や動画を保存する外付けSSDです。

 

アクセサリーキットとSamsung T5(SSD)は絶対に買うべき

RX100Mシリーズの本体は洗練されたフラットですが、凹凸物がなく滑ってしまうことが多々あります。それを防いでくれるのがSONY公式アタッチメントグリップです。

また、動画などを長時間撮影する場合も、同じくSONY公式の予備バッテリーがおすすめ。

そして大量に撮影した写真や動画を高速で保存・編集したいなら、超コンパクトな外付けSSDである「Samsung T5(1TB)」は持っていて絶対に損はありません。

 

 

DSC-RX100M7がおすすめな理由

RX100M6を愛用している僕ではありますが、やぱり「RX100M7」は大変魅力的なニューモデルですから、最後におすすめポイントをご紹介させて下さい。

1つ目のポイントは、オートフォーカス(AF)が世界最速0.02秒に。今まで0.03秒だったAF速度が更に短縮され、素早く動く被写体も逃しません。

2つ目のポイントは、AIを活用したリアルタイムトラッキング。写真撮影時に動く被写体を自動追跡してくれ、よりキレイな撮影を補助してくれます。

 

子どもの動画やYouTube向け動画撮影への最適解

RX100M6最大の進化と言えば、4K動画撮影機能の向上と言って間違いありません。動画撮影時に4K Active SteadyShotという協力の手ブレ補正が加わりました。

また、瞳AFが更に強化されたことにより、動画撮影時もリアルタイムで人間や動物の目を自動識別し、ピントを合わせてくれます。

シューティンググリップキット」も同時発売していますから、これから動画撮影に力を入れたいと思っている方に、大変おすすめしたいコンデジですね。

 

SONY DSC-RX100M7(サイバーショット)

RX100M7(シューティンググリップキッド)

SONY RX100M6と一緒に購入したおすすめアクセサリーを紹介します。

2018年12月29日

憧れのカメラSONY サイバーショット DSC-RX100Mシリーズのスペックを比較しました。

2018年10月14日

【レビュー】Samsung T5(1TB)。超軽量な外付けSSD で娘や家族との思い出を持ち歩く。

2019年8月12日


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です