パパにおすすめの子育て本8選。モンテッソーリ教育からプログラミング学習まで。

昨年末に娘が生まれ、早いもので5ヶ月目に突入しようとしています。

日に日に大きくなる我が子のスピートには、本当に目を見張るものがありますよね。また、僕の内面にも変化があり、日に日にパパとしての自覚が強くなっています。

そんな可愛い娘が大人になって困らないように、自立した立派な人間に成長してほしいと思い、タイ人の奥さんが妊娠してから今まで、僕は多くの育児本を読み漁りました。

そこで今回は、数ある子育て本の中で僕のように父親になる皆さんに読んでほしい、おすすめの育児本を8つだけ厳選してご紹介します。

はじめてママ&パパの妊娠・出産

パパのみならず、初めてママになる奥さんと一緒に読んでほしい一冊が、”はじめてママ&パパの妊娠・出産”です。

その名の通り、妊娠から出産までを網羅していて、初めてだらけの僕ら夫婦にとって大変役に立つ一冊。妊娠週ごとにまとめてられているので、毎週お世話になりました。

また、安産するために心がける生活習慣や、ママだけにしか分からない悩みなどが体系立てて書かれているので、ママを助けたいパパが勉強になる情報多数。

ママと一緒に読んでほしい、妊娠と出産のおすすめ入門書です。

 

パパ1年生

上の妊娠・出産本の補足としておすすめしたいのが、”パパ1年生”というタイトルの通り初めてパパになる人向けに書かれた子育て本。途中には漫画も挿入されているので、とっつきやすくて大変読みやすかったです。

ママもそうですが僕もパパとして初めて我が子を迎える身として心配していましたが、”完璧な父親なんてどこにもいない”というメッセージには励まされました。

妊娠初期から3歳頃までの子育てについてパパ目線で書かれた、初めて子どもを持つ全てのパパが読むべきパパのための育児本です。

 

created by Rinker
¥1,320 (2021/11/29 07:44:46時点 Amazon調べ-詳細)

モンテッソーリ教育で子どもの本当の力を引き出す!

藤井聡太棋士が学んでいたことで話題になった、モンテッソーリ教育についての入門書”モンテッソーリ教育で子どもの本当の力を引き出す!”はかなり読み応えがありました。

この教育法について僕は全く知らなかったのですが、この書籍はまさに入門書としてふさわしい内容になっていて、”モンテッソーリとは?”を短時間で学ぶことが出来ます。パパとして(当然ママもですが)、やはり我が子が大人になって困らないように、しっかりと育ててあげたいのが親心ですよね。

ここではモンテッソーリ教育についての詳細は割愛しますが、子どもの明るい将来を願う全てのパパにぜひ読んでほしい一冊です。

 

0~3歳までの実践版 モンテッソーリ教育で才能をぐんぐん伸ばす!

上のモンテッソーリ入門書と同じ著書が書いた”0~3歳までの実践版 モンテッソーリ教育で才能をぐんぐん伸ばす!”は、まさに実践的な内容が詰まっていて、補足として最適でした。

モンテッソーリの本は数ありますが、子どもの年齢に応じて実際にどのような知育具を使えば良いかまでを詳しく書いた書籍は、これ以外に見当たりません。

また、知育具も100円ショップなど、自作するための方法が掲載されている点も好感が持て、自宅で直ぐに実践できる内容になっています。

あまり子どもと一緒にいれないパパだからこそ、日曜大工で子どものためのモンテッソーリ知育具を、ぜひ製作してあげて下さい。

 

子どもを億万長者にしたければプログラミングの基礎を教えなさい

2020年に小学校で必須化されるプログラミング。それに先駆けて読んだ”子どもを億万長者にしたければプログラミングの基礎を教えなさい”は大変参考になりました。

プログラミングは僕自身の理解が及ばない言語であるため、子どもに教えるための基礎知識を勉強でき、また最近のプログラミング事情について知ることが出来ます。

なお、たとえ小学校で必須化されなくても、プログラミングは現代社会において最も重要なスキルの一つですから、ぜひとも娘には勉強させてあげたいと、僕は昔から強く思っていました。

そう願うパパは僕だけじゃないはず。ぜひ本書を読んで、先ずは親である僕らが”プログラミングの素晴らしさ”を理解しましょう。

 

できるキッズ 子どもと学ぶ Scratch プログラミング入門

子ども向けプログラミングとして人気の言語に”Scratch”がありますが、”できるキッズ 子どもと学ぶ Scratch プログラミング入門”はプログラミング初心者パパにおすすめの入門書。

このScratchというプログラミング言語は、難しい数式や文字の羅列を使う必要なく、ゲーム感覚で”プログラミング的思考”を学ぶことが出来ます。

プログラミングで特に理解の難しい、ループ・条件分岐・変数・乱数・データ渡し・座標などの理論を、子どもでも分かるように楽しみながら学習できるのが特徴ですね。

先ずは僕らパパがScratchを通してプログラミングを楽しむことで、自ずと我が子も自然にプログラミングを好きになってくれるはずです。

 

小学校6年分の算数が教えられるほどよくわかる

子育て本とはだいぶ離れてしまいますが、”小学校6年分の算数が教えられるほどよくわかる”は個人的に読んで良かった書籍の1つでした。

僕は小学生の頃から算数が大嫌いで、それは中学・高校と数学という名前に変わっても、更に大人になった今でも変わりません。しかし、社会に出てみて、算数や数学がいかに大切かを思い知らされました。

そこで娘には算数(数学)を絶対に好きになってもらいたいと思い立ち、僕が娘に教えてあげられるように、大嫌いな数字の勉強をこの年になって始めたんですよね。

また、算数(特に数学)はプログラミングを勉強する上でも必須ですので、ちょうど良いタイミングだと思っています。

 

中学校3年分の数学が教えられるほどよくわかる

小学校6年分の算数をマスターした次に読みたいと思っているのが、当然ですが続編である”中学校3年分の数学が教えられるほどよくわかる”ですね。

このシリーズはとても良く出来ていて、小学校から算数から逃げてきた僕でも理解できる内容で書かれていますから、本書にも大変期待しています。

また、子どもの頃に苦手だったことを克服するという行為は、子育てする上で大変な自信になりますので、これから我が子を育てるパパは、ぜひ試してみて下さい。

なお、高校3年間の数学編はまだ出版されていませんが、出たら絶対に買おうと思っています。

 

子育て本で、育児を楽しく!

我が子が成長していく姿は、大変幸せな時を運んでくれます。しかし、会社員をしていると、普段あまり一緒にいてあげることの出来ないもどかしさを感じますよね。

だからこそ、パパが率先して育児本を読むことで、子どもの成長に役立つ情報をたくさん吸収していくことは、とても素晴らしいことだと思いませんか?

これらの子育て本が、多くのパパたちのお役に立てると幸いです。

 

なお、僕は現在・海外在住なのですが、これらの本は全て電子書籍リーダーでダウンロード購入して読んでいますよ。

電子書籍リーダーについては、「【レビュー】Amazon Kindle Paperwhite(キンドル ペーパーホワイト)は読書好きのための必須アイテム。」でレビューしています。

ぜひ、参考にしてみて下さいね!

 

育児パパ友募集中!僕のTwitterまで

毎日”楽しく”育児に励むパパ友、僕が海外(タイ)在住ということもありますので、特に海外で育児をされているパパさんとお繋がりになりたいです。

今記事への質問・感想などが有りましたら、お気軽に僕のツイッター@patnaree_thaiからお問合せ下さい。

▶ ママが妊娠したら先ず読む本

▶ モンテッソーリ教育についての本

子持ちパパのカバンの中身(メッセンジャーバッグ編 2019)。

2019年9月23日

祝出産!娘が産まれて僕はタイでパパになりました。

2019年1月8日

【レビュー】Amazon Kindle Paperwhite(キンドル ペーパーホワイト)は読書好きのための必須アイテム。

2018年11月16日


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です