国際結婚で悩む子どもの名前。夫婦別姓だと名字はどうなる?漢字またはカタカナ?ミドルネームってどうなの?

僕はタイ人女性と国際結婚したのですが、嬉しいことに昨年末に可愛い娘を授かりました。あまり適切な言葉ではないかもしれませんが、いわゆる日本人とタイ人とのハーフの女の子です。

しかし、この子を授かってから、”子どもの名前”について大変悩みました。そこで今回は、外国人と国際結婚した方が気にされる子どもの名前(名字を含む)について、書いています。

また、”奥さん/旦那さんが旧姓をそのまま使う(夫婦別姓)”というケースも多いと思いますが、そういった場合に子どもの姓がどうなるかについても詳しくまとめてみました。

大切な子どものために、名前について今のうちからぜひ知っておいてあげて下さい。

 

外国人との国際結婚。あなたの姓(名字)ってどうなるの?

外国人と国際結婚した場合の子どもの姓を話す前に、日本人同士で結婚した夫婦間の姓について触れさせて下さい。日本人同士で結婚をした場合、日本の民法では男女”どちらかの姓”を必ず称するよう、しっかりと定められています。

しかし、外国人との国際結婚の場合であれば、必ずしも姓をどちらか一方に改める必要はありません。つまり日本で婚姻届を提出したとしても、実は日本国内において結婚前と同じ姓を名乗ること(夫婦同姓)が許されています。

許されていると言うと語弊がありますが、夫婦同姓にするための申請をしていなければ、外国人配偶者にはもともと戸籍がありませんから、日本国内においては必然的に夫婦別姓として扱われることになるわけですね。

 

海外で婚姻届を提出した場合(例)タイ

日本の民法では、夫婦別姓が許されていることを書きましたが、海外(あなたと結婚をされた方の国)ではどのように定められているでしょうか?

例えば、僕の奥さんの出身国・タイであれば、日本と同じように夫婦別姓が認められており、外国人と結婚するタイ人のみならず、タイ人同士での夫婦別姓も同じように認められているようです。

なお蛇足ですが、僕のタイ人の奥さんは僕の姓を名乗っていますので、つまり僕らは夫婦同姓。またタイ国内のみならず、日本国内でも夫婦同性として婚姻届を提出しています。

 

注意事項!

このように多くの国で夫婦別姓が認められているようですが、あなたと結婚された方(配偶者)の出身国が夫婦別姓を認めているか否かについては、ご自身でその国の民法をしっかりとご確認下さい。

 

外国人との子ども。姓(名字)ってどうなるの?

では続いて、今回の本題である外国人と「国際結婚」をした場合、その子どもの姓がどのようになるかについて、詳しく説明します。

日本の民法では、結婚後、あなたが外国人配偶者の姓へ変更した場合(夫婦同性の場合)、子どもは同じように配偶者の姓を受け継ぎます。一方で夫婦別姓の場合、日本国内において、あなたの子どもは日本人であるあなたの姓を受け継ぐことになります。

つまり姓 ≒ 戸籍ですから、外国人配偶者はもともと日本に戸籍がありませんので、”夫婦同姓の申請をしていない限り(夫婦別姓)”において、外国人配偶者の姓をご子息が受け継ぐことは不可能、というわけですね。

 

配偶者の国で夫婦別姓の場合(例)タイ

さて、そうすると疑問に思うことが、配偶者の国で夫婦別姓の場合、その国での子どもの姓はどのようになるか?という点ですよね。

例えば僕が住んでいるタイの場合は、夫婦別姓の子どもは出生届やパスポートなどは配偶者側の姓、つまりタイ人の奥さん(旦那さん)の名字を受け継ぐことになります。

僕も気になっていてたので、念のため在タイ日本国大使館にも確認したので間違いないかと思います。反対に日本国内では、あなたの姓を受け継ぐことになります。

※2019年6月時点での情報ですので、詳しくは大使館や役所などにお問合わせ下さい。

 

外国人との子ども。名前の表記は漢字?カタカナ?それとも英語?

最後に子どもの”名前”の表記ついてですが、日本の民法において、名前の表記は常用漢字や人名用漢字、またはカタカナとひらがなのどれかと定められています。

つまり日本において、出生届などで生まれた子どもの名前を表記する場合、”太郎・タロウ・たろう”のいずれかで表記をすることがOKとされているわけですね。

外国人配偶者の方との子どもであっても、もちろんこの条件は当てはまります。

 

日本でミドルネームは可能?

日本人にはあまり馴染みのない”ミドルネーム”ですが、宗教の洗礼名に由来してるため主にキリスト教徒の多い国では、名前と姓との間にもう一つ名前を付けるのが一般的なようです。

そのため配偶者の方がそれらの国の出身でしたら、子どもの出生届を日本で提出するときに、”ミドルネーム”を付けるとう選択肢も大いにありえますよね。

例えばアメリカでの表記がJohn(名前) James(ミドルネーム) Smith(姓)であれば、日本では”スミス(姓) ジョンジェームズ(名前)”と、名前の方に連続して表記されます。

ただし、アメリカ人としての氏名と日本人としての氏名が不一致によるために、不都合が起こる場合もありますので、事前に大使館や役所などと十分にご相談されて下さい。

 

子どもの名前。タイ名なのに日本では漢字表記を選んだ理由

僕は奥さんがタイ人ですから、昨年生まれた娘は日本と「タイ」と両国で出生届を提出してました。奥さんはすでに僕の姓に変更しているので、子どもの姓は日本とタイともに僕の姓(例:鈴木/スズキ)を受け継いでいます。

一方、名前はというとタイ人の名前を付けました(例:ウッラサヤー/Urassaya)。それは、姓が完全に日本名なので、せめて名前だけでもタイの名前を付けたかったからですね。

そして日本の出生届では、タイっぽい名前にも関わらず、カタカナではなく漢字表記としました。理由は、この子には日本とタイと両方の国で活躍してほしいとの思いからです。夫婦ふたりで決めました。

 

海外子育て仲間募集中!僕のTwitterまで

タイをはじめ、海外で子育てされている方はいらっしゃいませんか?奥さん・旦那さんが外国人でも、もちろん日本人でも構いません。

また、今記事への質問・感想などが有りましたら、お気軽に僕のツイッター@patnaree_thaiまでご連絡を頂けると嬉しいです。

 

海外移住方法おすすめ15選!仕事や留学などあなたに合った移住プランまとめ。

2018年12月7日

海外移住して2年半。僕がタイで暮らすまでの経緯と暮らしてからの話。

2019年7月29日

タイ人がビザなしで行ける国まとめ(2019年版)。

2019年5月21日


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です