タイのこどもの日(一月・第二週土曜日)にチャリティーイベントのお手伝いと寄付をさせて頂きました。

日本にこどもの日があるように、タイにも実は”こどもの日”があることをご存知でしたか?

しかし、日本と違いタイのこどもの日は一月。それも日にちが確定しているわけではなく、その年によって毎回日程が違います。

どうして毎年日程が変わるかと言うと、タイのこどもの日は一月の第二週土曜日であって何月何日ではないですから、その年によって日にちが変わるわけですね。

そんなタイのこどもの日に、チャリティーイベントのお手伝いと寄付をさせて頂きましたので、今回はそのご報告です。

 

タイのこどもの日@2019年(1月12日)

2019年1月12日(土)のタイは、年に一度のこどもの日でした。タイは日本と違って毎年、1月の第二土曜日がこどもの日とされています。

この日に、僕とタイ人の奥さんは最近生まれた娘を連れて、バンコク郊外で開催されたチャリティーイベントのでの「ボランティア」と、少額ですが寄付をさせて頂きました。

写真のように子どもたちは大変可愛くて、イベントをとても楽しんでいる様子でしたよ。

 

このチャリティーイベントは、近所の人たちが協力しあって開催しています。みんなで少しずつお金を出し合って、子どもたちのために開催する様子が、大変タイらしくて素敵ですよね。

なお、僕らは毎年ボランティア活動をしているのですが、娘が生まれてからは参加ができてなく、僕らにとっては久しぶりの活動でした。

娘はまだ生まれて間もないですが、やっぱりこのボランティアが大好きですから、今後も出来るだけ継続していきたいと思っています。

 

 

チャリティーくじ

今回のチャリティーイベントでは、住民がみんなで少しずつお金を出し合って、チャリティーくじを行いました。

景品は写真のように1等は自転車です。また、いろいろと子どもたちが好きそうなオモチャなども、たくさん準備しました。

そして、このチャリティーくじが素敵な点は、参加した子どもたち全員が何かしらの景品が当たるように、しっかりと人数分の景品を準備しているところです。

 

食事のお手伝い

また、子どもだけでなく、参加した大人も楽しめるように食事も準備しました。女性陣が中心となって朝から仕込みをしていて、かなり気合が入っていましたね。

タイ」にはこのように、住民同士の助け合いの精神が根強く残っていて、大変感銘を受けます。

僕が子どものころは日本でも、町内会の集まりや行事・イベントなどがまだ多くあって、なんだか子どもの頃を思い出しました。

 

さて、今回振る舞われた食事は、みんな大好きクイティアオ。これは日本で言うところのラーメンにあたり、米でできた麺は大人から子どもまで、万人受けする料理です。

しかし、初めて見た方は驚かれるかもしれません。その理由は、味を調整するために調味料だけでなく、写真のように”砂糖”も入れるからですね。

僕もタイに来た頃には抵抗がありましたが、砂糖を入れると味がまろやかになり、今では僕自信も砂糖を入れて食べています。

 

また、クイティアオだけでなく鶏のから揚げやお菓子なども準備しいましたから、イベントは美味しそうな匂いと住民たちの笑顔で溢れていました。

予想を遥かに超える人数がこのイベントに参加していて、タイはやはり住民同士の繋がりが日本よりも濃く、良い国だなと心から思えます。

と同時に、やはり僕と奥さんはこういったボランティア活動が大好きなんだなと、再確認することができました。

 

タイは子どもに優しいお国柄

今回のこどもの日のイベントを通して、改めてタイという国・タイ人という国民が、子どもたちを本当に大切に育てている、ということを知れました。

それは何も、自分の子どもだけを大切にしているのではありません。バンコクの地下鉄やスカイトレインを乗っていても、子どもが乗ってきたら真っ先に席を譲ろうとしている風景をよく見かけますよね。

また、自分の子どもは当然ですし親戚の子どもたちもさることながら、近所の子どもたちの面倒見も大変良くて感心します。

 

家族や親戚の助け合い育児

僕にも最近生まれたタイ人とのハーフの娘がいますが、育児環境という側面から見てもタイはかなり魅力的な国です。

タイ人奥さんは育児をしっかりしてくれますし、また奥さんの家族が「子育て」に対して大変協力的で驚いてしまいました。

親戚のおばさんやおじさんが、自分の子のようにあやしてくれる様子を見ると、やっぱりタイは良い国だなと感謝の気持ちで一杯になりますね。

そんなことを考えた、心温まる2019年”タイのこどもの日”でした。

 

▶ 物語タイの歴史

▶ タイ謎解き散歩

created by Rinker
¥607 (2020/10/26 05:04:09時点 Amazon調べ-詳細)

親から虐待を受けた男の子たちが共同生活をおくるタイの孤児院へ行ってきました。

2018年7月15日

あなたをいつも苦しめる”漠然とした不安”を解消するたった1つの方法。

2019年10月27日

パパにおすすめの子育て本8選。モンテッソーリ教育からプログラミング学習まで。

2019年4月14日


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です