パナリーさん自身の話