【レビュー】チープカシオ(アナログ日付表示付き)MTP-1240DJ-1AJFを仕事メインで買いました。

チープカシオ(CASIO)には様々な種類がありますが、今回はサラリーマンにおすすめしたいスーツに最も合う日付表示付きアナログ腕時計をご紹介します。

カラーも3種類から選べ、価格も3 – 4,000円台とお手頃。

それでいて高級感があり知的な印象を与える作りが特徴で、会社員の僕は会社や大事なミーティングに身に着けて行くことが多いです。

 

この商品をおすすめする理由
  • スーツに最も合うチープカシオ。
  • 3,000円台とリーズナブルなのに高級感のある仕様。
  • カラータイプは3つ。
created by Rinker
CASIO STANDARD(カシオ スタンダード)
¥7,191 (2020/02/21 22:26:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

僕はチープカシオが大好きなのですが、アナログ腕時計ならこの”MTP-1240DJ-1AJF”というモデルが、個人的には間違いなく一番だと断言できます。

アナログなのに日付と曜日まで表示してくれる点も、僕がこの腕時計を仕事で使っている理由の1つなんですよね。

しかも4,000円以下と安い!

 

チープカシオ”MTP-1240DJ-1AJF”開封レビュー

僕はチープカシオが大好きで、普段から仕事とプライベート問わず愛用しています。

そんな僕が、いつものようにAmazonを見ていて思わず一目惚れしてしまったのが、本日ご紹介したい「MTP-1240DJ-1AJF」というメンズ用アナログ腕時計ですね。

商品が梱包されている箱は1枚目の写真のように、その他のチープカシオと同じ仕様になっています(何度も見た入れ物で愛着が湧きます)。

ネットで見てたよりも実物は数倍しっかりとしていて高級感があり、箱から取り出した瞬間に僕の所有欲はすでに満たされてしまいました。

 

選べるカラーは”ブラック・ホワイト・ブルー”の3タイプ

MTP-12シリーズのカラーバリエーションは全3種類あり、それぞれブラック(僕が買ったタイプ)・シルバー・ブルーで、文字板の色が異なります。

文字板がブルーのやつも良い感じですが、主に仕事で使う目的で買いましたので大人な印象を与えるブラックにしました。

 

個人的にシルバーは選択肢から除外したのですけど、一般的な腕時計で言うホワイトに近いシルバーなので、この色でも良かったかなと思っています。

ちなみにブルータイプが最も安いようですね(プライベート中心で使うならアリな色)。

 

唯一の欠点はサイズ調整の難しさ

一目惚れから開封、そして普段使用して日に日に好きさが増しているこのアナログ腕時計ですが、1点だけ欠点があるとすると、”サイズ調整が自分で出来ない”ことです。

例えば以前ブログでも紹介した同じチープカシオの「A158WA-1JF」なら、自宅にあるような工具でサイズ調整が出来ました。

しかし、今回の記事で紹介しているタイプの腕時計は、少し面倒ですが時計屋さんでサイズ調整をしなければいけません。

ただし近所の時計屋さんなら5分もあればどこでも対応してくれるレベルのため、そこまで気にする必要は全くありません。

 

 

スーツに合うチープカシオの最高峰!

会社員の僕は、普段会社のラフなユニフォームを着ていますが、大切なお客様へ会いに行く場合は当然スーツを着ます。

そんなときは、必ずこのチープカシオ”MTP-1240DJ-1AJF”を一緒に身に着け、商談に臨むようにしていますよ。

写真の通りシルバーとブラックのアナログ腕時計ということもあり、僕の知る限りチープカシオシリーズで最もスーツに合うモデルです。

その理由は、やはりこの腕時計が秘めるシルバーの高級感と、知的な印象を与えるブラックの文字板という絶妙な組み合わせだからではないでしょうか。

 

こちらの写真は、僕が普段会社内で事務作業をするときに来ているユニフォームです。腕時計の厚みがあまりないスマートな作りですから、

ラフなユニフォーム(例えば工場の作業服など)と一緒に着用しても違和感がありません。

3 – 4,000円程度のチープカシオなのに、よく会社のメンバーから”オシャレな腕時計だね”と言ってもらえることが多いです。

そして見た目の通り大変軽いので、長時間つけていても疲れません。

 

日付と曜日表示が日英どちらでも可

MTP-1240DJ-1AJF」はアナログ腕時計ではありますけれど、日付と曜日を表示することが出来ますので大変便利です。

しかも、曜日の表示は日本語だけでなく”英語表示”にも対応していますので、僕は迷わず英語表示にしていますね。と言うのも、僕は海外(タイ)で生活していますので英語で日付を見ることが多く、こうしておく方が都合が良いのです。

チープカシオでここまでのディテールを表現しているのは、このMTP-1240DJ-1AJFというモデル以外にありません。

 

左右のフォルムも美しい

正面からばかりの写真が多いですが、こちらの写真は腕時計の側面です。横からの顔も美しく、まさかこれが数千円の程度のチープカシオとは、到底信じられないですよね。

Amazonを見ていて一目惚れしたとき、”現物はどうかな?”と大変心配しましが、実際に届いてみると封を開けた瞬間に所有欲が満たされました。

ぜひ長い間、大切に使っていきたいと思います。

 

 

私服にも似合うカジュアルさ

このモデルのもう1つのメリットが、スーツだけでなく”私服にも合う”点ですね。

僕は当然、仕事以外の週末などは私服を着るのですが、MTP-1240DJ-1AJFは違和感なく日常に溶け込んでくれます。

僕は常夏のタイ(東南アジア)で生活していて、短パンにTシャツというスタイルなことが多いのですが、かなりフィットしていますよね。

ゴツくないスタイリッシュな文字板が、そうさせてくれていてるのでしょう。

 

デジタルガジェットに”アナログ”のアクセント

このブログでも良くレビュー記事を書いていますが、僕はiPhone・カメラ・「Kindle Paperwhite」などのデジタルガジェットが大好きです。

なので基本的にはデジタルなものを人一倍身に着けいるのですが、MTP-1240DJ-1AJFはそんなデジタルな持ち物に良いアクセントを与えてくれる腕時計。

全てデジタルに偏ると芸がないし、逆にアナログだけに偏るのも僕の意図するところではありません。

しかし、このアナログ腕時計をスパイスとしてたまに身に着けているからこそ、普段のデジタルガジェットが更に映えるのではないでしょうか。

 

チープカシオとスーツで決める僕の働き方

自分の好きなものを身に着けると、毎日の生活(ライフスタイル)に輝きが生まれます。

特に僕はスーツが意外と好きで、毎日はシンドイとしても月に何度かは自主的に身に着けるようにしているほどなんですね。

そしてスーツに映える腕時計は、やはりMTP-1240DJ-1AJFを置いて他に考えられません。

チープカシオシリーズはコスパ最強とよく言いますが、中でもこのアナログ腕時計との出会いは僕の所有欲を心から満たす、衝撃的な出来事でした。

 

▶ ブラック(MTP-1240DJ-1AJF)

created by Rinker
CASIO STANDARD(カシオ スタンダード)
¥7,191 (2020/02/21 22:26:55時点 Amazon調べ-詳細)

▶ シルバー(MTP-1228DJ-7AJF)

created by Rinker
CASIO STANDARD(カシオ スタンダード)
¥4,050 (2020/02/21 22:26:55時点 Amazon調べ-詳細)

▶ ブルー(MTP-1228DJ-2AJF)

created by Rinker
CASIO STANDARD(カシオ スタンダード)
¥3,672 (2020/02/21 22:26:56時点 Amazon調べ-詳細)

【レビュー】チープカシオA158WA-1JFは40年近く前から変わらないデジタル腕時計の完成形。

2018年7月22日

【レビュー】F-91W-1JFは最もスポーツタイプなチープカシオ。海外旅行で高級時計は身に付けるな!

2020年1月19日

【レビュー】Amazon Kindle Paperwhite(キンドル ペーパーホワイト)は読書好きのための必須アイテム。

2018年11月16日


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です