リゾバとライターは相性抜群!2年間で300万円貯めた住み込みバイト一日の流れ。

僕は海外で暮らすという夢のために、2年間みっちりとリゾートバイト通称「リゾバリゾバ,リゾートバイト,グッドマンサービス」で働き、一生懸命貯金しました。

その結果、現在では海外(タイ)で暮らしているのですが、リゾバで貯めた貯金は250万円を超え、本当にお世話になったなと、つくづく思います。

また、リゾバの空いた時間を活用して記事「ライター」の副業にも取り組んでいましたので、今回はリゾバとライターで2年間で300万円を貯めた、僕の”一日の流れ”をご紹介してみました。

これから世界一周・海外留学・ワーキングホリデー(ワーホリ)などの費用を、短期間で貯めたいと考えている方に必見の内容です!

 

リゾバとは?リゾバ歴2年の僕が詳しく説明します

リゾートバイトとは?

リゾートバイト」通称リゾバリゾバ,リゾートバイト,グッドマンサービスは、主に観光地のホテルや旅館のスタッフとして、住み込みで働くバイトのことです。

メリットは、住み込みで働くため住居費(敷金・礼金・光熱費など)が無料という点と、また働く施設によってはまかないが出るため食費も無料または少額という点。

稼いだお金のほとんどを貯金できるため、世界一周・海外留学・ワーホリを目指す方の資金準備としても大変人気が高いお仕事です。

このように、リゾバは大変メリットの多いバイトなのですが、当然デメリットもあります。それは、施設によっては社員の対応が悪かったり、職場環境が悪かったりする点です。

しかし、事前にリゾバ運営側に自分の望む職場環境を提示しておけば、それに限りなく近い施設を紹介してくれますので、しっかりと事前に意志表示をすることが大切ですよ。

 

僕のリゾバ体験談

僕は「海外移住して2年半。僕がタイで暮らすまでの経緯と暮らしてからの話。」でも書いたように、タイに移住ための準備資金としてリゾバで2年間働きました。

そのリゾバでは、主に外国人観光客の多いホテルと旅館(2年間で5施設ほど)で働いたのですが、そのおかげで英語のコミュニケーション能力も向上。

タイ・バンコクで就職活動をした際も、リゾバで磨いた英語力が認められ自動車関係の会社をはじめ数社から内定をもらいました。

リゾバではしっかりとした目的意識を持って働けば、貯金だけでなく英語力やコミュニケーション能力なども、同時にゲットすることが出来ます。

 

 

リゾバの2年間で300万円以上貯めた僕の一日の流れ

300万円貯めた僕の一日の流れ
  • 5:00 起床
  • 5:30 ウェイター(朝食ビュッフェ)
  • 10:30 終了
  • 10:45 朝食&ランチ(まかない/無料)
  • 11:30 – 15:30 中抜け(休憩時間)

※この休憩時間をただボーッと過ごすのではなく、パソコンを使った記事ライターの副業をこなしていました。

  • 16:00 ウェイター(夕食レストラン)
  • 22:00 終了

※その後は夕食 → 施設の温泉へGO(夕食も温泉も無料!)、もちろんライターの副業もこなしていました。

上は、僕が実際に過ごしていた「リゾバリゾバ,リゾートバイト,グッドマンサービス」時代のとある一日の流れです。と言っても、ほぼ毎日このような日々を過ごしており、我ながらかなり働きました。

リゾバのデメリットとして拘束時間が長い点を上げる人が多いですが、僕としては長時間働けることでかなり稼げたので逆にメリットの方が大きかったです。

 

中抜けという”空き時間”が毎日発生する

僕のとある一日の流れで、”中抜け”という気になる箇所が合ったと思います。これはリゾバで働く施設のほぼ99%に該当する休憩時間です。

宿泊施設のウェイターやフロントスタッフ業務がメインですので、お客さんがいない時間はどうしても休憩時間になり、働きたくても働けません。

しかし、僕はこの中抜けの時間を逆にチャンスだととらえ、「クラウドワークス」を活用して自分のライティングスキルも鍛えられる記事ライターの副業をこなしていたのです。

大きな収入ではありませんでしたが、それでも毎月1〜3万円(多いときで5万円以上)を安定して稼ぐことが出来ました。

 

リゾバ,リゾートバイト,おすすめ

記事ライターとは?月3万円以上稼ぐ僕が説明します

記事ライターとは?

記事ライターとは、主に「クラウドワークス」などのクラウドソーシングサイト(個人の仕事探しサイト)で、ライティングや記事作成のお仕事をする方のことを指します。

ライティングと言うと難しそうに感じますが、初心者の方向けに3〜500文字程度の感想文を投稿するお仕事などもあるため、まずはそこから慣れていくのがおすすめ。

いつでも好きなときに好きなだけ仕事が出来ますので、僕は副業として主にリゾバの中抜け(休憩時間)や休日を活用してライティングをしていました。

クラウドワークスを活用するメリットは、書いた文章や記事には雇用主の方がコメントをしてくれるため、必然的に”書く力”を身につけることが出来ます。

お金を稼ぎながらライティングや記事作成のスキルを身に付けられるため、将来的にブログを始めたい方、ライターを本業にしたい方に大変おすすめですよ。

 

僕のライター体験談

リゾバの空き時間を活用して僕が記事ライターの副業を始めた当初、文字単価(1文字書くごとにもらえる給料)は0.2から多くても0.5円程度でした。

これだと時給200円くらいにしかならないのですが、それでもずっと書き続けることによって3ヶ月後には1円、半年後には2円にまで文字単価を上げることが出来ました。

2円というと3,000文字の記事を書けば6,000円ですね。なお単価アップを狙う方法は、一つの分野に特化して知識を付け、1記事に書ける時間を短くすることです。

そうすることによって、同じ時間でも書ける文字数が増えますから、時給を極限までアップさせることが出来ました。

 

 

リゾバとライターを両立させる最も簡単な方法。

リゾバとライターを両立させる方法
  • 目標や夢を紙に書き見返す。
  • リゾバでは事前に必ず希望の職場環境などを伝えておく。
  • 今日書くライティングの構想を考えながらリゾバの仕事をこなす。
  • 無駄な飲み会や談笑に極力参加しない。
  • 休みの日は思う存分好きなことをする時間を確保する。

僕がリゾバとライターの副業を両立させるために意識していた点は主に上の5つす。特に自分の夢や目標は忘れないように、必ず見返してモチベーションを保っていましたね。

また、リゾバの担当者の方に、例えば個室かつWiFiのある部屋を希望したりなど、両立が出来る環境を事前に伝え、それに合った職場のみをチョイスしていました。

 

あなたの人生をきっと変えるリゾバを全力でおすすめしたい

あなたは今、大企業で働いていますか?おそらく、派遣社員やバイトで生計を立てているかと思います。約4年半前の僕が、まさにそうでした。

しかし、海外移住(タイ移住)を本気で目指したときに、僕はこのリゾバという住み込みのバイトを知って、僕の人生は180度変わったのです。

リゾバの2年間は大変でしたが、総額300万円以上を貯金し(リゾバ&ライター)、本当にタイで暮らはじめて2年半が経過しました。

CHECK僕の人生を変えたリゾバの詳細を見るリゾバ,リゾートバイト,グッドマンサービス



クラウドワークス,ライター,副業,おすすめ

海外移住方法おすすめ15選!仕事や留学などあなたに合った移住プランまとめ。

2018年12月7日

海外移住して2年半。僕がタイで暮らすまでの経緯と暮らしてからの話。

2019年7月29日

ミニマリストは持ち物だけじゃない。厳選された生き方そのものなんだ。

2019年3月24日


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です