おすすめの海外移住方法15選!仕事や留学などあなたに合った移住プランを全て教えます。

“海外で暮らしたい”と、あなたも一度は考えたことがあるはずです。

僕が本格的に海外を意識しだしたのは、大学生のときでした(それ以前もハリウッド映画などで、海外にかなり興味がありました)。

あれから10年近く経ち、今では僕は東南アジアのタイで、夢の海外暮らしを実現しています。

 

今記事のダイジェスト
  • 海外移住するための方法を15個教えます。
  • あなたが海外移住するハードルを限りなく下げます。
  • この記事を見終わったあと必ず1歩を踏み出したくなります。

僕が海外移住できたのは、決して運が良かったわけではありません。

と言うことは、つまり誰であっても(もちろん、あなたでも)海外で暮らすという夢は、必ず実現させることが出来ます。

そこで今回は海外移住を最短でするための方法を15個ご紹介しますね(大切なのは、1歩でも行動を起こすことです)。

 

海外移住する方法①「語学留学」

海外移住で最も身近な存在は、昔も今も語学留学かもしれません。最近はフィリピン留学なども人気で、予算に合わせて行く国を決められますので、海外留学が身近なものになりました。なお、語学留学と言うと学生のイメージが強いですが、実は年齢に関係なく海外に住むことが出来ます(30代/40代以上でも、学生ビザは取得することが出来ます)。

School WithSchool With,留学,英語留学,海外留学,おすすめ」ならフィリピン格安留学を含む、世界32カ国から自分の予算に合わせた留学先を探せますよ。

ネットで無料相談できますから、先ずはそういった無料サポートを受けてみるのもありですね(僕の友達は30歳でフィリピン留学し、語学力を活かして海外就職しました)。

 

語学留学の準備

最も簡単に海外移住ができる語学留学ですが、例えばフィリピン留学であっても最低20万円以上の費用が必要になります(アメリカやイギリスだと最低100万円以上)。

僕も留学経験がありますが、当時は「リゾートバイト」で住み込みのアルバイトをして留学資金を貯めました。また、語学力に自信が無い方は、事前に「オンライン英会話オンライン英会話,レアジョブ」を活用して、ネイティブ英語に慣れておくことをおすすめします。

僕も留学前は、オンライン英会話にかなりお世話になりました。

 

海外移住する方法②「ワーキングホリデー」

最近では語学留学以上に人気が高くなりつつある海外移住の方法が、「ワーキングホリデー」制度を使った1年間の短期移住ですね。

ワーキングホリデー(通称、ワーホリ)とは、その国で働きながら1年間暮らせる制度、またはその生活やビザのことを指します。

ワーホリで行ける国は2018年現在かなり多く、オーストラリア・ニュージーランド・フランス・ドイツ・英国・アイルランド・デンマーク・台湾・香港・ノルウエー・ポルトガル・ポーランド・スペイン・アルゼンチン・チリの全15カ国にのぼります。

ただし年齢制限があり、申込み時点で18〜30歳以下でなければいけません(オーストラリアのみ35歳以下までOK)。

 

ワーキングホリデーの準備

語学留学と違って移住先の国で働くことは出来ますが、ビザの取得費・渡航費・仕事が見つかるまでの生活費など、事前に30万円くらいを準備する必要があります。

同じように「リゾートバイト」で住み込みのアルバイトをして、ワーホリ資金を貯めましょう。また、リゾートバイトには外国人旅行者が多く訪れる施設もありますので、英語の事前勉強にも最適な環境です(無料登録時に、スタッフへ伝えておけばOK)。

同時に「オンライン英会話オンライン英会話,レアジョブ」で、英語の事前勉強をしておくと、ワーホリ先の仕事探しもスムーズにいきますね。

 

海外移住する方法③「海外インターンシップ」

学生であれば、海外インターンシップをするという選択肢もあります。

インターンシップと聞くと日本のベンチャー企業で就職前に1〜2週間くらい働くというイメージがありますが、海外で働くプログラムも多く存在していますよ。実は僕も学生の頃、1年間休学してタイの日系企業でインターンシップをしていました。

また、超短期プログラムではありますが、2週間ベトナムでビジネス研修が出来るインターンシップ「武者修行プログラム」も学生に人気ですね。

 

インターンシップの準備

海外の企業でインターンシップをする場合は給料が出ないことが多いです。また出てもほんの少しという企業が大半ですね。

そのため例えば1年間大学をするなら、半年は「リゾートバイト」の住み込みのアルバイトで資金を貯め、残りの半年で海外インターンシップをすると良いかもしれません。リゾートバイト中は外国人旅行者の多い職場で働き、仕事終わりや休みの日は海外インターンシップに向けて「オンライン英会話」で復習をする。

海外インターンシップに関する情報は、今後このブログでも詳しく書いていきますね。

 

海外移住する方法④「国際結婚」

外国人と結婚することも海外移住の1つの方法です。その国の人と結婚することが出来れば、国によって条件は違いますが結婚ビザ(配偶者ビザ)を取得できるからです。

僕も実はその一人でタイで知り合った女性と結婚し、配偶者ビザを取得することが出来ました。ただし、もちろん気の合う日本人女性と出会うのさせ難しいのに、ましてや外国人助成というとかなりハードルが高い(もしくは運の要素が大きい)移住方法かと思います。

そのため、国際結婚での海外移住は結果論でしかありません(残念ながら、目指して叶うものではないです・・)。

 

国際結婚の準備

ただし、少なからずその可能性を高める方法は誰にでも出来ます。1つは上でも書いた語学留学やワーキングホリデーなどに挑戦し、その国の女性と知り合う確率を増やすことですね。

また、日本国内であっても「リゾートバイト」で外国人従業員の多いホテルに勤務したり、外国人が多く住む「シェアハウスシェアハウス,出会い,外国人,東京,京都」に住んだりすることで、国際結婚の確率を上げることが出来ます。

ちなみに僕の友達は、リゾートバイトで知り合った可愛い台湾人の女の子と結婚し、二人で台湾に移住して今では幸せな暮らしをおくっていますよ。

 

海外移住する方法⑤「永住権取得」

海外移住として正統派なのは、その国での永住権取得ではないでしょうか。しかし、取得すればずっとその国に住める分(ずっとではない永住権もある)、狭き門であることがデメリットです。

例えば、グリーンカードで有名なアメリカは、狭き門の代表格ですよね。逆に意外にも永住権が簡単に取れる国もあり、その代表格がカナダやオーストラリア、東南アジアのフィリピン・タイなどです。

とは言っても永住権を取るわけですから、こういった正統派な海外移住こそ、最も難しい方法だと言わざるおえません。

 

永住権所得の準備

海外で永住権を取得しようと思うと、国によって条件も準備する内容も全く異なってきます。

また、その国にずっと住めるかどうか、ずっと住みたいと思えるかどうかは、先ずは旅行よりも一歩進んだ方法(例えば留学やワーホリなど)で、実際に住んでみることが重要です。つまり留学やワーホリに行く国を選ぶ段階で、永住権が取得できる国を選ぶことこそが、最も大切な事前準備かもしれません。

例えば、オーストラリアやカナダはワーホリ制度もあり、かつ永住権の取得が比較的簡単な国の1つです。

 

 

海外移住する方法⑥「海外起業」

海外移住をするうえで、最もハードルが高い方法は海外起業です。日本で起業する(継続する)だけでも難しいのですから、ましてや海外だと当然と言えば当然ですよね。しかし、海外起業であれば、その国に住んだり就労するためのビザを取得することが出来ますので、かなり大きなメリットになります。

つまり正しい理由によってその国に定住することが可能になるわけですから、現在、日本で会社を経営されている方であれば、海外で同じように挑戦されてみてはいかがでしょうか。

ただし、僕にも海外で会社を経営をしている友達がいますが、相当なバイタリティが必要なようですから、移住のためだけに海外起業することは絶対におすすめしません。

 

海外起業の準備

日本での起業と違って海外起業であれば、極端な話ですがアフリカの僻地など普通の人が暮らすのさえ躊躇してしまうエリアを選ぶと、実は成功する可能性が十分にあります。

成功確率が高い理由は、競争相手が少ないからですね(ただし、市場としての規模は日本に比べて遥かに小さい)。とは言っても、なかなか普通の人ではそういったエリアに行くだけでもハードルが高く、1歩を踏み出せない方が大半ではないでしょうか。

つまり、それが出来る人であれば今すぐ行動を起こすことで、(住みたい国を限定しなければ)海外移住という目標を直ぐにでも達成出来そうですね。

 

created by Rinker
¥1,728 (2019/06/18 10:08:19時点 Amazon調べ-詳細)

 

海外移住する方法⑦「(タイ)投資家ビザ」

タイには投資家ビザというのがあり、文字通りある一定額をタイ国に投資すれば、長期ビザを取得することが可能です。

投資家ビザとは、タイで3年以上の定期預金またはコンドミニアムや国債の購入、あるいはその両方の合計が1,000万バーツ(約3,000万円)以上であれば取得できるビザのことですね。

一見難しいように思いますが、お金さえあれば海外移住できるという点では、前述した海外起業よりも難易度が引くかもしれません(僕はそんな大金持ってませんが・・)。

お金さえあればビザが取れる点がメリットですし、なんともタイらしいと思ってしまうのは僕だけでしょうか?

 

投資家ビザ(タイ)の準備

日本でさえ投資をしたことない方が、海外それもタイで投資をするとなると、相当な覚悟と勇気がいるかもしれません。

ですが、タイのコンドミニアム(日本で言う分譲マンション)を飼っている日本人は僕の周りにも結構いますし、僕自身はタイの銀行に定期預金をしています。僕も将来的には、タイでコンドミニアムを購入して家賃収入で暮らしていきたいですね。

タイを好きな方は多いですが、自分のお金を使って投資するとなると話は別ですよね。先ずは本などで、タイ不動産投資の勉強をしてみてはいかがでしょうか?

 

created by Rinker
¥1,944 (2019/06/18 10:08:20時点 Amazon調べ-詳細)

 

海外移住する方法⑧「(タイ)リタイアメントビザ」

投資家ビザと同じようにタイ移住(海外移住)する方法の1つが、50歳以上の方が取得できるリタイアメントビザです。

リタイアメントビザなら投資家ビザよりもハードルが低く、下記のどれか1つでも条件を満たすことが出来れば取得可能な長期ビザです。

【条件】①80万バーツ(約240万円)以上をタイ国内の銀行に預金、②月々の収入が 65,000バーツ(約20万円)以上、③預金と収入の合計が 80万バーツ(約240万円)以上のどれか。

ハードルがかなり低いのですが、ネックなのは50歳以上という年齢制限ですね(それより若い方のビザ取得は、残念ながら認められていません)。

 

リタイアメントビザ(タイ)の準備

300万円程度の預金があれば取得できるタイのリタイアメントビザ。正直、かなりハードルが低いと言えます(僕の知る限り最も低い)。しかし、50歳以上という制限付きなのが、大変残念です。

20代や30代のような僕らの世代が海外移住しようと思うと、やはりお金を持っているだけではなかなか難しいのでしょうかね。

なお、50歳以上で海外移住を検討されている方は、ぜひ下の本などを参考にして下さい(リタイアされてバンコクに移住してきた日本人をよく見かけます)。

 

 

海外移住する方法⑨「(マレーシア/MM2H)ロングステイビザ」

リタイアメントビザと同じくらいハードルが低い海外移住の方法が、マレーシア政府が発行するロングステイビザ(通称MM2H)です。

このMM2Hは、ある一定の資産をマレーシア国内に保有しておけば、10年間(最長20年間の更新制)滞在可能な長期ビザが取得できる制度です。

しかもメリットは、50歳未満の方(当然、20代でも可)であっても、50万リンギット(約1,300万円)以上の資産と、毎月1万リンギット(27万円)以上の収入があればOKな点ですね。

50歳以上であれば更にハードルが下がり、35万リンギット以上の資産と、1万リンギット以上の収入でOKです。

 

MM2H(マレーシア)の準備

マレーシアのロングステイビザ(MM2H)の条件である1,300万円以上の資産は何とかなるとしても、マレーシアにいながら毎月27万円の収入条件はかなり厳しいですね。

取得条件を達成できるのは、おそらく日本で不動産(または株式)を保有している方か、会社オーナーなどある特定の肩のみに絞られそうです。逆に言うとこれらの方々(または50歳以上の方)であれば、海外移住先・人気ナンバーワンのマレーシアに住むことが可能とは、何とも羨ましい限りですね。

毎日ゴルフ三昧のマレーシア生活。かなり憧れます。

 

 

海外移住する方法⑩「(ドイツ)フリーランスビザ」

海外移住する方法として最近話題になっているのが、ドイツで取得可能なフリーランスビザです。フリーランスビザとは、日本で言う個人事業主の方が取得できる長期ビザのことを指します。

個人事業主ですからインターネットを使った商売をしている方以外にも、例えばヨガインストラクターをしている方など業種範囲もかなり広いのが特徴。

ドイツのフリーランスビザは3年間で、ネット上にも取得をされた方の情報も多数あり、しっかりと書類の準備をすれば他の移住よりも確実なようです。

ヨーロッパに陸続きのドイツで3年間のフリーランスビザを取得すれば、隣国の観光が出来たり正々堂々とビジネスが出来たりと、かなりメリットが大きですよね。

 

フリーランスビザ(ドイツ)の準備

ビザ取得のための書類は直ぐに準備できそうですが、フリーランスとして生活するための準備は人にもよりますが数ヶ月または数年必要かもしれません。

また、どの業種でフリーランスになるかも重要です。僕の知る限り最短でフリーランスとして独立する方法は、プログラマーになることだと思っています(実際に僕も、簡単なブログやサイト制作が出来ます)。

オンラインでも簡単に「プログラミング学習プログラミング,スクール,オンライン,学習」が出来ますので、今後フリーランスビザなどで海外移住を目指す方は、持っておいて然るべき必須のスキルですよね。

 

海外移住する方法⑪「ノマドワーカー」

フリーランスビザ同じように人気に火が付いている海外移住方法が、ノマドワーカーとして各国を転々とする暮らしですよね。

ノマドワーカーとは、インターネットなどで生計を立てる(例えばプログラマー・ブロガー・YouTuber)、定住を持たない暮らしをする人たちのことを指します。

インターネットで収入を得ることが出来ますので、日本はもとより一定の国やエリアにいる必要がない点がメリットですね。

最近では、このような自由な生活(海外移住)をしている方を世界中で見るようになりました。

 

ノマドワーカーの準備

インターネットで生計を立て世界中を旅するように暮らす最短距離は、やはりプログラマーとしてオンライで仕事を完結させることです。

僕もバックパッカーをしていた頃や現在住んでいるタイ国内でも、国を転々とするプログラマーを多く見かけるようになりました。プログラミングと聞くと大変難しいように感じますが、このブログや起業のサイトくらいであれば、実は意外と簡単に作ることが出来ますよ。

今では「オンライスクールプログラミング,スクール,オンライン,学習」でプログラミングを簡単に習得できますから、ノマドワーカーとして世界中を旅することに憧れる方は、一度トライしてみてはいかがでしょうか?

 

海外移住する方法⑫「日本語教師」

日本語教師の資格を取って海外の学校で働く道も、比較的簡単な海外移住の方法の一つです。僕の周りにも、海外の小学校・中学校・高校なとで働いている日本人の友達が多くいますよ。

特に東南アジア・南米・アフリカなど、貧しい国で働いていて、やりがいと意義のある大変素晴らしい仕事です。国によって働ける条件や期間に違いはありますが、就労ビザを取得して正統法で海外で働きながら暮らせる点は、大きなメリットと言えますよね。

やりがいと長期ビザの両方を手に入れることが出来る一石二鳥な海外移住方法です。

 

日本語教師(海外)の準備

海外で働く方法の1つとして人気が高い日本語教師ですが、その資格を取得するためには日本語教育能力検定に合格する必要があります。

日本語教師になるためにこの資格が必須とまでは言えませんけれど、持っていれば採用してくれる海外の教育機関の数がかなり増えるメリットはありますよね。独学で勉強して取得するツワモノもいますが、取得を目指すのであれば「日本語教師日本語教師,日本語教育能力検定,通信講座,アルク」資格取得に向けた通信講座がおすすめです。

この通信講座を使って、僕の友達も今では日本語教師として海外で暮らしていますよ。

 

海外移住する方法⑬「青年海外協力隊」

2年間という制限がありますが、青年海外協力隊として海外で暮らすという方法も最近ではかなりメジャーになってきました。

青年海外協力隊とは、20〜39歳までが応募できる、JICA/ジャイカが募集しているボランティア活動の1つです(厳密にはシニア海外ボランティアという制度もあり、40〜69まで可)。青年海外協力隊になると主に発展途上国に派遣され、その地域で自分の得意分野の知識を現地の人々(メインは子どもたち)に教える役割を担うことになりますね。

詳しくは「JICA」のホームページをご覧下さい。

 

青年海外協力隊の準備

得意分野があるに越したことはありませんが、例えば学生時代にサッカーをしていた経験を活かして、発展途上国でサッカーを教えたいという目的でも青年海外協力隊になることは可能です。

経験者の方に聞きましたが、青年海外協力隊になる前に身に着けておくスキルは、目的・健康・英語力の3つだと言っていました。特に青年海外協力隊になりたい目的は重要で、JICAはそういった強い意志を尊重する傾向にあるんだそうですよ。

なお、現地に行ってコミュニケーションを取るための手段である英語力を、その彼は「オンライン英会話オンライン英会話,レアジョブ」を活用して習得したと教えてくれました。

 

海外移住する方法⑭「現地採用」

海外移住の方法として、僕と同じように現地採用として現地で働くことは大変おすすめです。

現地採用であれば長期ビザを取得できますし、また現地で仕事をすることが出来ますから生活費を稼ぐ事が可能ですね。

海外で働くというととても難しそうに感じますが、なにも海外の現地企業で働く必要はなくて、例えば僕のように海外にある日本企業で働いても良いわけです。

海外の日本企業であれば英語(または現地の言葉)をそれほど必要とされない場合も多く、それよりも日本での社会人経験が重要視されますので、挑戦してみる価値はありますよね。

 

現地採用の準備

海外で現地採用として採用される人の特徴として、現地に行って就職活動を出来る行動力や覚悟のある人が挙げられます。

現地に行くことで本気度を企業側に見せることが出来ますから、当然といえば当然ですよね。とは言っても、現在の仕事の関係で直ぐに海外に行けないという方も多いと思いますが、そういった方は海外就職に強い「JACリクルートメント」に先ずは登録してみましょう。

また海外にある日本企業だとそこまで英語力は必要ないと書きましたが、当然あるに越したことはありませんので、「オンライン英会話オンライン英会話,レアジョブ」を活用して、事前準備をしておくと良いです。

 

海外移住する方法⑮「駐在員」

海外駐在員は日本と同じ給料・海外手当・海外での生活費などをもらいながら、海外移住が出来る素晴らしい方法の1つですよね。

駐在員とは、日本で働いている企業から出向として、海外の子会社で働くことを意味します。ただしデメリットもあり、現地採用が自分の働く国にを選べ働く年数を選べるのと違って、駐在員は行く国も選べず出向する年数も3〜5年程度と決まっています。

それでも日本でもらっている給料よりも多くもらえて、かつ海外生活が出来ますから大変良い選択肢ではないでしょうか。

 

駐在員の準備

僕が働いている職場にも駐在員の方がいますが、そもそも海外に子会社が無ければ駐在員になることは出来ません。

そのため、もし今あなたが働いている会社に海外子会社がなければ、先ずはグローバル転職に強い「JACリクルートメント」などを活用して、すぐに転職活動をする必要があります。

また、やはり英語が出来れば天職の際にも大変有利ですし、ましてや海外駐在員になったときに大変助かる場面が多いはずですよね。

そのため本気で海外駐在員を目指すなら、今のうちに「オンライン英会話オンライン英会話,レアジョブ」で生きた英語力を身に着けておくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です